アニ関・漫関・ラノベ関

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019年 冬アニメまとめ編 感想ブログ

<<   作成日時 : 2019/03/17 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バーチャルさんショックから始まった冬アニメ。
けもフレでの1期を否定していく展開に衝撃を受けました。

そしてトドメはヤマカンの破産。

これで平成を終えるの ?

今回は少し早いのですけど、まあこれから順位の変化は無さそうですし、いつものように視聴したアニメを独断と偏見で順位付け(10位まで)しちゃいます
(短編・2期物はのぞきます)

星☆☆☆☆☆作品

1位
私に天使が舞い降りた!
・個人的趣味として間違いなく1位です。
・日常物(微百合)というジャンルでの競合相手としては、えんどろ〜!くらいでしたでしょうか。
・前期ならアニメエールに吸血鬼さん、やが君とライバルが多かったので、1位になるにはタイミングも必要ということですね。
・タイトルが劇中からの台詞とかCMを本編に絡ませる手法とか、みでしからの伝統による動画工房得意のフォーマットである点も安心して視聴できる要因の一つでした。
・さすがにグリットマンの続きぽかったのは、偶然でしょうけどもw


キャラ全員が可愛かったので、あえてヒロインの花ちゃんをチョイス。
中の人の演技自体はそれほどでもなかったですけれど、ときどきすごく可愛い声を出していましたね。
『お姉さん早く!早く食べましょう!』
画像





2位
かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦?
・個人の趣味を別にすれば、一般的にはかぐや様が1位かもしれません。
・演出が濃かったのでどうなるのかと不安でしたが、話のベースとキャラの個性は大切にしていたので、大事には至りませんでした。
・むしろ藤原書記に愛情かけすぎだろと言いたいw


かぐや様には実質的に3人の人格がいるので、演技も3人分必要でしたでしょうね。
中の人の古賀ちゃんも、声優人生を賭けているのかと思うくらいに鬼気迫る演技でした。
『行く〜!』
画像





3位えんどろー
・どっちかというと日常物っぽいのですけれど、お話は毎回きっちりしまっていました。
・それでいて最終的にどう話を落とすのか予想ができないなど、ストーリー物としても楽しめました。
・何がやりたいのかわからないけもフレなどと比較すると、やはり監督の力量って大事なのだなと思いました。


全視聴者が泣いたカルタード祭りでのメイちゃんの滂沱w
この話の落ちは秀逸でした。
(でも、やっぱ…勿体ないっすね)
画像

画像

画像






マオちゃんを買収する近衛隊の人。
多分、姫様は気づいていない(はず)
ここで耐えきれないマオちゃんの人間臭さが好きです(金の延べ棒は卑怯)
『先生…どうしても駄目ですか?』
画像





星☆☆☆☆作品

4位上野さんは不器用
・史上初の15分アニメによる覇権の野望は潰えました。
・何でしょうね?ニコ生を見ていても、なかなか90%の大台には乗れませんでした。
・このアニメは面白いので、逆に15分では物足りなくて評価が上がりきらなかったのでしょうか。


登場人物の中では、北長さんが一番エロくて好きです。
『生えて〜ます!』
画像





5位
賭ケグルイ××
・2期は1期より面白かったです。
・夢子は狂っているので彼女を主人公にするよりも、まともな感性をもった人間を都度の主人公にして展開した方が、話が面白くなるのかもしれません(芽亜里しかり伊月しかり)
・昨今のアニメでは珍しく実写向けです。


あんたもかーい!と最後の砦であった清華ちゃんまで顔芸してしまいました。
とはいえ1期ほど顔芸は乱発していなかったので、顔芸の使い方は効果的であったような気がします。
画像





星☆☆☆作品

6位魔法少女特殊戦あすか
・敵を捕まえれば、問答無用で拷問するアニメ。
・何でもかんでもマジカルとつければいいものじゃないぞ!w
・内容はけっこうえぐかったですけれど、面白かったです。


くるみちゃんの暴走が癒やしでした。
『そうですよ!全くもういやらしい!』
画像






7位ガーリー・エアフォース
・今期の電撃文庫アニメの中ではもっとも無名の存在でしたが、結果的に一番面白かったです。
・兵器の擬人化というある意味では古典的ですけど、ある意味では今風な感じが良かったかも。
・これのドラマパートとコトブキの空戦パートを足して2で割れば、最強でした。


ファントムさんが良いと思います(どこがとは言わない)
井澤さんって、普通の声(?)を出せたのですねぇ。
画像





8位五等分の花嫁
・漫画はノリにノっていますが、アニメはやや残念でした。
・破綻はしなかったですが、作画とテンポがもう少し良かったらなぁ。
・ただ擁護すべき点も少しあって
 @アニメ化以後の範囲はすごく面白いのですが、アニメ化の範囲はそこまででは・・・
 A声とキャラデザの問題で、変装トリックがつまらなくなりました
はアニメ化での大きなハンデでした。まあなんとか克服してほしかったところでしたが。
・CMのごとく、あやねるに全員やってもらうべきでしたかなぁ。
・ちなみにいのりんは、あやねるのCMを参考にオーディションを受けたとかw


2期やって制作会社を変えれば、大ヒットすると思います。
画像





星☆☆作品

9位エガオノダイカ
・このアニメも大概ひどかった
・姫様が無能という声もあるけど、そりゃあれだけ部下が好き勝手していたらどうしようもないですよ。
・むしろ軍部の発言力の強い戦争前の昭和の内閣という捉え方をすれば、いっそ哀れ。
・個人的にはヨシュアの復讐を誓うとか、権力を掌握するために部下を粛正するとか、姫様には狂気をまとった人物に昇華して欲しかったかも。


自分の罪を理解して謝ってはいたけれど、ハロルドは戦犯だよなぁ。
画像





星☆作品

10位
けものフレンズ おかわり
・本当のけもフレをやりたくて、1期を否定しまくったのでしょうか。
・例えたつきが改変しまくったとしても、視聴者には1期こそが原作であり、このおかわりこそ悪改変と認識されるというのが悲しい現実。
・でもまあ、あのイエイヌのエピを感動的と主張するPでは世間様と感覚がズレすぎていて、もおどうしようもないですね・・・


この話も大概でした。
ただ「猫 猫 猫」というニコ生のコメントで爆笑した記憶があります。
なんでサーバルは微妙な表情していんのw!
画像





けもフレおかわりは、榊遊矢を超えられるのでしょうか。
それはそれで画期的なアニメと言えるのかもしれませんね(白目)



2018年冬アニメまとめ
http://96268943.at.webry.info/201803/article_4.html
2018年春アニメまとめ
http://96268943.at.webry.info/201806/article_2.html
2018年夏アニメまとめ
https://96268943.at.webry.info/201809/article_1.html
2018年秋アニメまとめ
https://96268943.at.webry.info/201812/article_3.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2019年 冬アニメまとめ編 感想ブログ アニ関・漫関・ラノベ関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる