やがて君になる BD1巻 感想ブログ

最後まで作品を傷つけないこと

画像

画像

画像


星無限大

ちょっと遅くなりましたが、「やがて君になる」のBD1巻を視聴しました。
内容については今更ですので、ブックレットについて書きたいと思います。

「最後まで作品を傷つけないこと」「原作を大事にする」というのが、監督さんが原作者さんに説明した作品作りのコンセプトだそうです。

そして花田大先生もそのコンセプトを受けて「きれいに原作に戻れるような、ちゃんとつなげられるような終わり方をしたい」ということで、あのラストになったそうな。

すごいですよね~この作品。

アニメと原作を別物と考えず、原作を最大限に尊重した作り方を行っております。

さらに原作が続いている作品は終わらせ方が難しい物ですが、「原作に戻れる」というコンセプトを一貫して守っているから、あの何でもないようで、それでいてとても深いEDに昇華しているのだなぁと思いました。

それでいて水の中のシーンや光や影の陰影のつけ方など、映像美や演出が冴えわたっているのですから、高く評価されるわけです。

この作品と真逆のアニメ作りをしたのが・・・はねバドでしょうね(嘲笑)
作り手がやりたいことをアニメにブチ込んだ結果、原作レイプと表されてしまいました。

あのアニメの出来じゃ原作に戻れないよ・・・

他にはアニメのプレイベントでの茅野さんのトーク。
このアニメとは関係のない話なのですが、茅野さんはお化けを演じる機会が多いそうな(わかる!

あの花のめんま、がっこうの慈(そしてよりもいのお母さん)

桑島法子さんがよく死ぬキャラを演じる人なら、茅野愛衣さんはすでに死んでいるキャラを演じる人ですね(笑)

では2巻も届いているので、そのうち書き込みしたいと思います。


やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-10-24
仲谷鳰

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック