2018年 冬アニメまとめ編 感想ブログ

圧倒的に尊うとかったゆるキャン△
圧倒的に話題となったポプテピピック
圧倒的に壁を叩きまった高木さん

なぜか圧倒的という単語が似合う冬アニメでした。

そんなわけでいつものように視聴したアニメを独断と偏見で順位付けしちゃいます。
(短編・2期物はのぞく)


星☆☆☆☆☆作品

1位
ゆるキャン△
・尊いアニメだったなぁ
・作り手もそこまで売れると思っていなかったのか、キャラソンとか無かったですものねぇ
・いろいろと経済効果があった模様。特に山梨と静岡が、地味に富士山を巡って観光争いしていたような(笑)
・なでしこのりんへの懐き方も良かったけど、りんのなでしこへの気の許し方も良かったです。
・現時点で2018年度ナンバー1候補!


りんとなでしこの尊さが天元突破した5話
互いの思いやりが尊うとかったですねぇ
「「綺麗だね」」
画像





2位
からかい上手の高木さん
・壁を叩かずにはいられない!!
・演出なのかあるいは声のせいなのか、漫画より高木さんが攻めている印象
・基本的には現状維持だけどスキンシップはしていたいという高木さんは、まさに小悪魔
・そして西片の反応はまさに少女漫画のヒロインそのもの(笑)
・絶対TSした同人誌が夏に出ると思う


よくここまで温存したと思ったクリティカルのお話
破壊力は抜群だった
「ああ、うん――高木さんと帰りたかったし」
画像

画像




3位
三ツ星カラーズ
・乙からーず!
・予想外に面白かった作品
・中盤から結衣が天然鬼畜キャラに変身してから、ニコ生でも90%越えで安定していました
・すべてが良いというより、印象に残る切れ味するどいシーンがあるという感じ
・ちょっと止め絵が多かったのが難ですね


ここからあげあげになっていた、結衣が琴葉の心を抉るシーン
「琴葉・・・ゲーム下手だよね!」
画像

画像




三人のバランサー的なさっちゃん
バカを演じている可能性あり
黙っているととてもかわいいと思うのですが、どうですかね、結衣さん?
画像





「ふつう(満面の笑み)」
画像





4位
スロウスタート
・中国がもっとも恐れたアニメ(笑)
・原作を読んでいましたけど、こんなにエロかったけ?
・たまてちゃんの中の人の表現力には、感心することしばし
・どうとでもないシーンが、妙に印象に残ることありました(サメの花名ちゃんとか)
・絵はすごく動いていましたね(なぜあそこまで動かすと思うこともありましたけど)


尾ひれがふりふりしているシーンは、話が頭に入ってこなかったよ!
画像





星☆☆☆☆作品

5位
キリングバイツ
・エロ!ギャグ!そして暴力!
・深夜アニメの古き良きあり方を再現したアニメ・・・それがキリングハイツだ!
・けもフレとは違う意味で、頭をからっぽにして見ることが出来ます。
・そして最後のオシエちゃんで、すべてが中和される(笑)


人外キャラを演じさせたら天さんは無敵
「牙の鋭い方が勝つ。それがキリングバイツだ」
画像





6位
たくのみ。
・日常系とお仕事系のちょうど中間的なお話
・あやむらが可愛いという異常な事態(おいっ!)
・もうちょっとまれいたそを出せと言いたいが、全体として安心して見ることができたほっこりアニメ


印象に残るシーンは無いのですけど、直さんが毎回お酒を出す時のドヤ顔が好きです
画像





7位
ラーメン大好き小泉さん
・悠のストーカーぶりが怖い(笑)
・オシエちゃんがいなければ、冬アニメで一番やばい娘さんだったでしょうね
・ラーメンの世界に果ては無い!


このゴミを見るような目が好きです
画像





星☆☆☆作品

8位
りゅうおうのおしごと!
・どこか不完全燃焼
・本来は主人公たる八一の物語となるはずが、どこか焦点がぼやけていました
・それゆえ、なせ八一が勝ったかよくわかんない状況が多くて・・・
・ただ小説は1巻が200Pを超えるため、どうしても尺が足りなくなります
・それゆえ原作の1~2巻のみアニメ化するケースもありますが、このお話の場合、名人戦までやらんとキリが悪いのが構成上的につらそうな所です
・出来れば2クールで見たかったですね


あい対雷戦のはったりと試合運びによる、胸のすくような逆転劇が良かったです。またその悪役を演じたとまっちゃんの演技もさすが
(あなたに私の竜王が取れますか?その勇気があるんですか?)
画像

画像




9位
宇宙よりも遠い場所
・世間様の評価と比較すると、なぜか自分の中では低い評価となっております
・ときおり出てくる花田大先生のポエムに拒否反応が出ちゃうのですよね(サンシャインのトラウマ)
・また困った時はマリに何か言わせておけばいい、とゆーのもワンパターンだったような
・声優が豪華すぎて、逆に新鮮味にとぼしかったかも
・とゆーものの、あの終盤の寄せの弱さに定評のある花田大先生が、最後まで状況をコントロール出来た点は見事でした
・監督の手綱さばきも良かったのかも


最終話のデスポエムに死にかけましたが、オチ自体は秀逸でした
めぐちゃん何してんの!?(笑)
画像

画像




10位
刀使ノ巫女
・初回の評価の悪さを考えると、ずいぶん持ち直したというべきでしょう
・ニコ生でも徐々に高くなっていき、最終的には80%までいくようになりました
・こういうゆっくりした上昇曲線の仕方は珍しいかも
・とはいえ手ばなしに面白いと言えるほではなく、2期ではもっとはっちゃけちゃって欲しいものです


真剣な表情なのに、姫和ちゃんから隠し切れないポンコツ臭がただよいますね
画像




11位
citrus
・最終的には桜Trickを上回れなかった印象
・もう少し二人のいちゃいちゃが見たかったかな
・主人公である柚子の、少年漫画的童貞主人公ぶりは好感が持てました


いちゃいちゃ分はCMで補完
芽ちゃんは本当に総受けな子でしたね・・・
画像




12位
BEATLESS
・このアニメだけは最後が読めないので、評価は大きく変動する可能性があります
・出来れば主人公とレイシアの関係性は、もっときわどいものでも良かったかもしれません
・明確に語られていないレイシアのマッチポンプの策士ぶり(やっていることはメトーデと同じ)を、もっと視聴者に分かりやすくしいた方が、ブラック感が出ていたでしょう
・例えラストがハッピーエンドだとしても、最後までレイシアに感情が存在するかどうかはぼかし続けてくれると面白いのですが・・・


すべてが計算ずくのレイシアさん。主人公を常にアナログハックし続けます
「アラトさんは今の気持ちをアナログハックだと思われますか?モノである私を特別だと錯覚させるための」
画像





13位
オーバーロードII
・こちらも世間様より評価が低いですが、あくまで好みの問題です
・個人的にはラナー様のような、狂気を孕んだ人物は大好きです
・惜しむらくはモモン様陣営との戦力差がありすぎて、ワンサイドゲームに終始しがちなことですね


かってなクールキャラの面影はどこに言ったのさ、イビルアイ!(笑)
「がんばれ…モモン様…」
画像




星評価不能作品

14位
ポプテピピック
・まあいろいろマニアックな作品でしたね
・賛否両論があってしかるべき作品であり、今後も記憶に残っていく作品になっているのかどうかは、よくわからないです


星ドロ2期はよ
画像





毎年、冬アニメには名作が出てくるイメージがありますが、今冬もゆるキャン△というスマッシュヒット作品が出て来ました

ゆるキャン△は春からまた再放送されるそうですが、観光業界、キャンプ用品メーカーの熱い期待を感じます(笑)

高木さんも三ツ星もスロウも良かったし、キリングバイツはとにかく笑いました
とても豊作な冬アニメでした




画像


2017年冬アニメまとめ
http://96268943.at.webry.info/201703/article_6.html
2017年春アニメまとめ
http://96268943.at.webry.info/201707/article_1.html
2017年夏アニメまとめ
http://96268943.at.webry.info/201710/article_1.html
2017年秋アニメまとめ
http://96268943.at.webry.info/201712/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック