四月は君の嘘 第12話トゥインクル リトルスター 感想ブログ

今週の一言:この話は公生がマザコンを克服する話かもしれない。

星☆☆☆☆


ガラコンに向けて猛練習中の二人。まるで殴り合い(一方的に)
画像







演奏曲は公生ママが子守唄代わりに弾いていた曲。
画像







究極的には、公生は親離れが必要だと思うん。
死別ということを考えれば、確かに酷な話かもしれない。
しかし彼はきちんと母親を送り出していない。だから彼の心の中で化けて出てくるのだ。
画像






ちょいちょい幼女の可愛さを、水瀬いのりちゃんの声で表現するのを止めて下さい(萌え死にそうです)
画像

画像







君と見る星空は、まるできらきら星。
画像







かをりの両親に気に入られる公生。
どうもかをりは公生の超ファンだったのかもしれない。
それこそきらめく星にあこがれるような・・・。
画像

画像







そうだ、花火をしよう!
画像






進路のことを聞かれたかをりは、答えを言いよどむ。
そして消えていく花火。
『私は…先のことは考えてないや』
画像

画像

画像

画像








『取りあえず今はガラコンで観客沸かせて主役の座は頂くわ』
先のことは考えない。もしくは考えられないのか・・・。
画像







不審者登場。
画像







絵見がストーカーになってました!
しかしお師匠様はお見通し。
「魔女め!」
こっちの師弟関係も大変そうだな。
画像

画像







しかしかをりが来ない。
公生は一人舞台に立つ。
画像

画像



きらきら星の詩って、けっこう深いなぁ。

 きらめく、きらめく、小さな星よ
 あなたは一体何者なの?

・・・自分が何者なのかを探すのが青春だよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック