劇場版 魔法少女まどか☆マギガ 叛逆の物語 感想ブログその③ ネタバレあり

続き

今回の物語は、ほむらちゃんによるまどかの解放なんですけど、少し見方を変えると
『ほむらがまどかを独占しようとした』

とも言えますな。

ただほむらちゃんはもともとああいう娘じゃないですかね。
目的のためには手段をえらばないのですよ。
彼女は自身の攻撃力強化のため、法に反する爆弾を作り
管理者がひどい目にあうであろうことを気にせず、怖いところから武器を拝借します。

こういうところはQBと似ていますわ(笑)

ゆえに僕的には、TV版と映画のほむらちゃんに
特にズレはありません。

彼女は最初から病んでました。
まどか至上主義なんですよね。

見方を変えれば人は変わって見える・・・というところでしょうか。


あと、ほむらちゃん=ワルプルギスの夜説に一票。
今回の魔女化したほむらちゃんに容姿が似てたのと、
あれだけの大物の話が未だに語られていないことから
有りうると思う。

ほむらちゃんの最大の敵はほむらだった・・・なんてベタっぽいでしょう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック