やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第8巻 感想ブログ

星☆☆☆☆☆

いろはすの中の人は木戸衣吹ちゃんで決まりだな!
画像


次点は最終兵器の山岡ゆりちゃん(笑)

今巻はいろいろな人の思惑が入り組んでいて、読み応えがある。

基本的には、かって八幡が雪乃に幻滅した時の逆のパターンだと思うん。
八幡はある意味タイプ別雪乃と言えるし、雪乃は強化版八幡と言えるから、
悩みとかぶつかる壁がよく似ているのかもね。


少し違うのは、あの時は結衣が二人の間に立つことができたけど、
今回は結衣も雪乃の失望の対象に入っているかもしんないということ。
とすると、意外な人物が、奉仕部に介入してくるのかな?
(折本さんとか)


相模さんが、直接には出てこなかったけど、八幡の中では

「相模なら利用しても心が痛まない」

と思っている点に笑ろた。
好きの反対が無関心だとしたら、少なくとも八幡の
中では、相模さんは気になる存在ではあるのだろうと思う。
・・・もう一度、対決してくんないかな。

あとめぐり先輩と八幡が和解したのには、心が安らいだ。
別にケンカしていたわけではなかったけど、
文化祭編では、めぐり先輩も八幡を誤解
していたから。

まあ何にせよ、八幡も雪乃も、自分の壁をどう乗り越えてい行くか
が楽しみですね。
















やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6 (ガガガ文庫)
小学館
渡 航

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6 (ガガガ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第8巻 感想ブログ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント