アイドルマスターシンデレラガールズ 第20話 Which way should ~ 感想ブログ

今週の一言:さす常

星☆☆☆☆☆


常務は、新企画に凜とアーニャをスカウト。さすが常務。略してさす常。
画像

画像





凛は奈緒・加蓮とユニットを組むことに。これでは2名のデビューが人質では・・・!
・・・でも常務はそこまで考えているかどうか。
本人の言葉通り、純粋に三人のユニットに可能性を感じたのではないだろうか。
画像

画像





『アイドルの自主性を尊重する。それが君のやり方だったと思うが?』
抵抗するPを理論でねじ伏せる常務。今日の常務は冴えているぜ!
画像

画像





『だから、今回のプロジェクトも、やってみれば、また新しいページが開けるんじゃないかと思って』
今回のプロジェクト参加者の文香(M・A・O!)から参加した動機を聴かされ、心惹かれるアーニャ。
画像

画像

画像

画像





一方、こちらはトライアドプリムス。凜はニュージェネに遠慮して参加しない意向であったが、加蓮の意志の強さの前に、断り切れず。
画像

画像





『私は賭けてみたいんだ』
天を見つめる加蓮。
画像





『私達が感じた何かは、本物だって信じてるから』
二人も必死である。ここで凜を口説き落とせねば、もう2度と三人で歌える機会はないかもしれないのだ。
画像

画像





レッスン室にやってきた凜。
二人の思いは、天に通じた。
画像

画像





Pは楽しそうな凜を見てしまった。
画像

画像





かつてアイドルに逃げられた過去のことを重ねているのか。
そんなPの元にアーニャがやってくる。
画像

画像





アーニャはチャレンジを求めているのだ。
画像






『あなたは、今度のプロジェクトに参加して、笑顔になれると思いますか?』
アーニャもそこまでの確信は持てない。
常務のやり方はPと違うのだ。
画像







『進んでみなければ分からない。進みたいかどうかです。それがどんな道であっても、笑顔になれる可能性を感じたのなら、前に進んでほしいと思います』
アーニャの背中を押すP。漢だぜ!
画像

画像





『もう1歩先を見つけられると思うのでしたら、私は、全力でその道をサポートします』
シンデレラプロジェクトはアイドル達のゴールではない。
Pと常務の戦いは路線の対立だが、それがアイドル達の成長を妨げてはいけないのだ。
Pはプロデューサーとしての職務を全うしようとする。
画像






アーニャの行動の動機が、自分の影響であることを美波はわかっている。
寂しいが、それは仕方のないことなのだ。
二人は円満に分かれる。
画像

画像




凜から話を聞いて、硬直する未央と卯月。
こちらはすんなりといかなかった。
画像

画像




未央は場を離れる。
それをすかさず追いかけるP。
そこへカリスマJKもやってきて・・・。
画像

画像




アーニャが常務の企画に参加することに動揺を隠せない面々。
落ち着ているのは美波のみ。
画像






あの杏でさえ、深刻な表情。
杏は仲間思いだから・・・。
画像





そして未央の爆弾発言。
『本田未央!本日よりソロ活動を始めます!!よろしく!』
画像



未央の行動の裏に、PやカリスマJKのアドバイスがあるのは間違いない。
果たしてどのような策のもとやら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック