やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続7話されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。感想ブログ

今週の一言:それある!

星☆☆☆☆

『ヒッキー今日部活行く?』
子犬のような目で八幡を見つめる結衣。
これも彼が感じる責任の一つ。
画像

画像






『いろはちゃんの手伝い?』
八幡の行動は結衣に見抜かれている。
・・・これは八幡は浮気できないなぁ。
画像







八幡の行動を止めないが、彼女はずっと彼を見ている。
そんな思いが言葉に出る。
『気にするよ』
画像






結衣はやはり、奉仕部としていろはすの依頼に対応すべきだったと思う。
雪乃なら、きっと自分で壁を乗り越えられると結衣は信じる。
画像






いつもように荷物を持とうとする八幡を制するいろはす。
たってるものなら何でも使ういろはずにも変化が・・・。
画像







一期で八幡が関わった少女が再登場。
えーと、アイドル活動をしているんだっけ?
画像







八幡と折本の関係を気にするいろはず。
折本も言葉を濁す。
人は変わるもの・・・変わったのは折本か八幡か?
画像

画像

画像







この状況はまずい。
いろはすはおろか、他の生徒会メンバーまで八幡の指示を仰ぎだしてる。
これはもう、サポートとは別の問題。
いみじくもそれは、体育祭の時の相模さんと雪乃の同じパターン。
画像






そしてこちらにも大苦戦。
八幡は納期や予算から内容を決めようと提案する現実主義者。
かれらは内容のクオリティからやれることを決めようとする理想主義者。
どちらも間違ってはいないが、大切なのはバランス。
画像






『先輩ってもしかして年下好きですか?』
留美といっしょにいる八幡をからかういろはず。
しかし苦手じゃないと肯定されて、固まる。
画像

画像






『もしかして今私のこと口説いてますか?ごめんなさい年上結構好きですけど無理です』
4回目(笑)
画像







ばったり出会った二人。
もちろん雪乃も八幡がいろはすを手伝っていることを見抜いている。
・・・これは八幡は浮気できないなぁ。
画像

画像






『あなたなら一人でも解決できると思うわ。これまでもそうだったのだし』
ここで雪乃が八幡を過大評価していることがわかる。
これもかって八幡が雪乃に幻想を抱いていたことへの繰り返し。
画像

画像







『いつもできているつもりで分かっているつもりでいただけだもの』
雪乃は自信喪失状態・・・。
いろはすに勝負を挑むことさえ出来なかったことが尾を引いているのか。
画像






『部活 しばらく休んだら?』
伝説の不採用通知。
こっちに気を使う必要はないとのこと。
画像

画像






『けど別にもうムリする必要なんてないじゃない。それで壊れてしまうのならそれまでのものでしかない』
ここは雪乃の心の闇であろうか。
画像






『もう ムリして来なくていいわ』
雪乃は去っていく。
画像


それある!、は汎用性が高い台詞だなぁ。
それにしても戸松さんうるさい(笑)

今回の話を見ているSHIROBAKOを想い出す。
 一つは、スケジュールを食いつぶすということ
 二つは、クオリテイを人質にすんなということ。

・・・頑張れ八幡!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック