君嘘 ニコニコ動が一挙方法を振り返って

2点気が付いた(というかなんとなくわかっていた)ことがあって。

覚醒して以後の公生は、自分の中にある気持ちを音で出来るそうで(ある意味チート)
だから凪との連弾のときに、音が邪魔と言うか集中できていないと言っていたのかと。
(でもよくそれで凪のフォロー出来ていたな)

公生の音が悲しげに色つくのは、彼の根本にある最愛の母との離別が影響しているのかな。


そして武士は、譜面通り引くという方向のピアニストなんやね。
だから凪はそれを絶賛していたと。
そしてその方向で武士のあこがれであった公生が、大きく方向性を変えたので(絵見曰く;本当に有馬)、武士は一時、スランプに陥っていたと。
で凪が来て、さよならヒーローの話に結びつくのなのねん。

こうして一挙で見ると、流れがよくわかるなぁ。

絵見はこんな感じだよね。
彼女は、1位を取るための公生の演奏を否定していたと。
それは裏を返せば、彼女は最初の公生の演奏こそ、真の彼の演奏だと知っていたと。
だからこそ公生の変化を歓迎し、武士みたいな葛藤はなかったと。

ただ絵見は音楽の方向性として有馬に憧れ、それを目指したかどうかはよくわからない。
絵見はもっと情感多いタイプだもんね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック