ラブライブ!第2期第11話 私たちが決めたこと 感想ブログ

今週の一言:凛ちゃん、スカート増えたなー
星☆☆☆



無事、音ノ木坂学院に合格した二人、これでミューズに入れる?
画像







3年生が卒業する話になると全員、ナーバスになる。
ラブライブが終わるまでは、その話はしないようにしてきたが・・・。
画像







にこちゃんはそのままミューズを続けろと言うが、1年生達は結論は出ていないようだ・・・。
画像

画像







雪穂と亜里沙は話し合って、ある結論に達する。
画像

画像







「私達、ミューズに入らないことにしました」
画像







彼女たちが好きで応援するミューズは、あの9人でのミューズなのだ。
だから雪穂と亜里沙は新たなスクールアイドルを結成することにする。
それは、穂乃果達が避けてきた結論を先回りした形になり、穂乃果にある決断を促すことになる。
「当たり前のことなのにね・・・」
画像

画像







皆で遊びに行くことに。
画像

画像

画像







海ではしゃぐ皆を見つめる穂乃果。1年生と2年生で話合った結論を、ついに3年生に伝えることに。
画像

画像







「大会が終わったら、ミューズはおしまいにします!」
な・・・なんだってー~!
画像

画像

画像







スクールアイドルは続けるが、この9人でのミューズは、私達9人だけの宝物にしていたいのだ。
相変わらずのにこまき推し(笑)
画像

画像

画像







最後は証明写真で、集合写真を撮ることに。
よく9人入ったな(笑)
画像







さあ、本番まであと1週間。ラストファイトだっ!
画像

画像

画像

画像







天使かと思ったら、ハラショーさんだった。
画像


前回がマクロとしてのミューズだとしたら、今回はミクロとしてのミューズだった。
にこちゃんをいつも通り、常識と言うか視聴者から見た側の視点として描き、あえて彼女達のわがままであってもミューズを独占していたいという結論にもっていくところは、筋としては間違っていないと思う。前回が理のミューズだとしたら、今回は情のミューズかな。
ただ駅でわんわん泣くところは蛇足のような気がする。あそこまで演出を盛ると、帰って引いちゃうんだよね。
海から証明写真を経てEDへ行くほうがすっきりしたんじゃないかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カリスマ声優白書
2021年03月08日 12:16
季節は梅雨が来る6月。もうすぐ夏本番です。けれど、ラブライブ!のアニメはもう春の足音が近づいています。9人の絆は世界一。それこそ「友情ノーチェンジ」だから、これからもフレンズでいようね。スクールアイドルのブレイブストーリー・ラブライブ!その仰げば尊しの今回は、無情にも今後の進むべき道を決めなければならないという、重要なお話でした。綾瀬&高坂姉妹の高校受験は合格。偉大なる女神を追いつき、追い越せ!アイドルを始めます。一方の9人は、μ'sの今後を話し合っていました。続けたいのはメンバーだけではありません。ファンも同じです。そして迎えた運命の海辺。海ではしゃぐ9人。実は、この後にAqoursも同じ場所に立つんです。夕陽に向かって「これから」を叫びます。私たちが決めた事は「大会が終わったら、μ'sはおしまいにしまーーす!」その瞬間、みんなが大泣きしました。最後にやっておけばよかった、という事が一切無いようにの意味を込めての決断だったはずです。ラストは涙をこらえながら仲良く集合写真を撮ります。卒業アルバムに載せるからね。数日後、気持ちを切り替えた9人はいつものように笑顔でラストライブへ向けて練習をします。さあ、ファイトだよッ!みんな!ファンにはこのことがバレても胸の内は内緒。次回、決勝のステージです!

この記事へのトラックバック