劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」 公式ガイドブック 感想ブログ

・・・表紙がラスボス!
画像




「もう魔法少女でさえないのね・・・!」
ほむらのポジションは、なぎさに取られてしまったでござる(笑)

星☆☆☆☆

でも表紙には、神、悪魔、魔女×2と純粋な魔法少女は2人しかいないんだよ、実は。

うーん。トータルで言えば、それほどおもしろいファンブックとはいえないかな。
インパクトではBDのブックレットの方が、大きかった。

キャストコメントも、BDのキャラコメの内容と大差ないしね。
阿澄さんやうめてんてーやクラリスのコメントとかがプラスアルファ要素かな。

なによりストーリーの解説が、いまいちだわ。
「ナイトメアを動かしている手は実は・・・?」
なんて誰でも知ってるわ!

僕としては、悪魔ほむらが、わざとらしくマミさんの隣で【紅茶】を床に落としたところとか、杏子が放った【林檎】を偽街の子供たちに食べさえなかったところとか、どう解釈すべきかわからん・・・といったところになんらかの見解を示して欲しかったと思うん。

あと全体として・・・ほむら持ち上げすぎだろっ(笑)
持ち上げてもいいけど、彼女の罪は罪として、きちんと向き合わないと、帰ってほむらに悪いと思う。
彼女はどのような罪だって背負って生きていく覚悟が出来ているのだから、周りが持ち上げるのは、彼女の覚悟をかえって損なうと思うん。

・・・なんというか、BD特典の最初のほむらを見ていると、ほむらってジョジョのディオとか、ドラゴンボールのセルとか見たいに、人間を超えちゃったキャラだよね。
ほむらは彼らみたいに、能動的に完全形を目指したわけではないけれど、精神がどんどん追い詰められていく中で、最終的には一線を超えてしまったわけだ。

むしろまどかという存在はきっかけにすぎず、魔女も魔法少女もQBさんも、すべてがほむらが完全形に達するための、一つの肥料でしかないのかも。ほむらは受け身で完成形に達したようで、実は最初から彼女を完成形にすることこそが、このお話の真の姿なのでは。
・・・ということは、映画で実際に流れたまどかは、【改変】されたまどかじゃないかとも言えるね。皮肉なもんだよ。

「君はいったい何者なんだ?魔法少女でも魔女でもなく、いったいどこに辿り着こうとしてるんだ?」
QBさんの台詞を思い出すと、こっちが聞きたいよ!?という気分になります。
本当にほむらは何処へ行こうとしているんだろうか・・・。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック