アニ関・漫関・ラノベ関

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年 春アニメまとめ編 感想ブログ

<<   作成日時 : 2016/06/26 22:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

恒例の「最終話を見ていないアニメもあるけど独断と偏見で評価」しちゃいます!

星☆☆☆☆☆作品

1位
ふらいんぐうぃっち
・春アニメの覇者!(異論は認めません)
・あらすじから主人公のさわやか青春成長ストーリーと思っていたら、ほとんど日常物といえるくらいほのぼのしたアニメでした。
・時間帯の相次ぐ変更により予約に苦しんだことや、テントウムシを追い回すアニオリに「あれはない」という感想も抱きましたが、それを差し引いても春アニメ1位と断定することに迷いはありません。
・録画出来なかった話もあるので、再放送して欲しいです〜。

やはり千夏ちゃんの、好奇心旺盛の無邪気なかわいさは特筆に値します(訳:ぺろぺろしたい)
最初の人見知りなところはどこいったのだとも思いますが(笑)

中の人は「六畳間の侵略者!?」の幽霊ちゃん。
さあ、あまんちゅで大きくステップアップ出来ますか!
画像







作中でもっとも笑ったのが狐さんの鳴き声がまんま犬だった件でした。
あの落とし方は見事です!
画像





2位
三者三葉
・2位から4位は迷いましたが、ド安定の三者三葉を推します。
・この春は毒のあるアニメが多かったですが、三者はその毒のいれ加減が見事でした。
・序盤は薄く、徐々に濃くしていきながら、あまり度がすぎないように細心の注意を払っていました。
・もしそのあたりが適当でしたらば、照ちゃんはもっと嫌われていたでしょう。
(漫画だと葉子様も元使用人達には体罰をもっとやっていましたしね)
・とにかく脇のキャラも輝いていました(山G・園部・西山・近藤)。それはメインが安定しているからですよね。

作中最強キャラの光さん。なぜ西明日香は、天然鬼畜なキャラがこうも得意なのでしょうか?
『三つ瀬川〜渡らぬ先に行かでなお〜』
画像






3位
田中くんはいつもけだるげ
・ニコ動での三話ごとの放送が、すべて@が90%越えという事実からも、隠れた人気作品であることが伺えます。
・自分も白石さんが出るまでこの作品の魅力に気がつかなかったので、切ってしまって後悔した人は大勢いるかもしれませんね。
・白石さん、みゃーの、越前さん回の面白さは尋常ではありませんでした。
・妹キャラ達はもう少し、出番が欲しかったですね。

数あるヒロインを差し置いて、もっとも印象に残ったのはヒロインではない西園寺さん(笑)
りえしょんにこういう役をやらせると、すべてもっていってしまうというわかりやすい事例です。
画像

画像






4位
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
・こちらもド安定のネトゲ嫁。
・ラノベにありがちな暴走や意味不明な論理はなく、キャラは終始、ブレなく安定していました。
・ほぼヒロイン化しているのはアコ一人でしたが、最近はどっちつかずのハーレムは流行らないのですかね?(だとしたら戦犯ははがないですよきっと)

リアルは疲れるというアコ。疲れたら休んでもかまわない、そして元気が出たらまた少し頑張ろうと励ますルシアン。
そんなルシアンの優しさにアコは答えます。
『がんばって、がんばって、疲れた時は、ルシアンも一緒に休んでくれるんですよね?』
画像





星☆☆☆☆作品

5位
あんハピ♪
・このアニメを見て思うのは「力技」という奴です。
・響のひばりに対する逆恨みやひばりの恋の設定などは、下手をしたら作品に関して、視聴者に大きなマイナスのイメージを抱かせる要素であります。
・しかしそれを監督は、萌えとパロとちょっといい話でねじ伏せてしまいました。
・響などヘイトを受けるどころか、作中でもっとも愛されるキャラになっているかもしれません。
・そのあたりはさずがの大沼監督の力量ですね。
・反面、アニオリ要素が強くて、原作が原案的なような感じなのはうーんとも思います。
・あと声優さんの演技も見事でした。皆が実に多彩な表現力で演じられておりました。
・特に安野希世乃さんの演技は、ずば抜けて上手かった印象があります。

名シーンは数あれど、一番印象に残るのははなこの点目です(笑)
こんなに見事な点目のキャラは、アニメではそうはいませんね。
まるで川原泉先生の漫画のキャラクターのよう(ふるっ!)
画像





6位
ハイスクール・フリート
・はいふりは「考える」で詳細を述べましたので、割愛します。

撃て撃て魂の申し子、トリガーハッピーこと我らがメイちゃん。
タマちゃんと良いコンビでした!
『よっしゃきたー!きたよー!私の時代!西崎芽依、謹んで沈めさせていただきます。撃って撃って撃ちまくるぞ〜(↑)』
画像

画像





星☆☆☆作品


7位
ばくおん!!
・かなり狂気をはらんだアニメでしたが、原作を見ている人からしたら「まだまだ足りない」らしいです。
・かえって中途半端な表現になっているそうですが、原作はどれだけすごいのんと、アニメ視聴組としては困惑します。
・最終回だけいい感じにしている所が、かえっておかしさを醸し出しているのが何ともはや。
・メーカーの皆さんはよく協賛してくれました。その太っ腹に敬意を表します。
・ ・・・バイクはバカじゃなきゃ乗れないと言いますが、きっと作る方もバカじゃなきゃ作れないのでは・・・?

人気1位の凜ちゃんが、文化祭レースで優勝して吠えたシーン。鈴菌ここに至れり!
『スズキが勝った!スズキを選んだあなた達が勝ったのよ!みんな!これからも最高のメーカー、スズキを選べ!スズキを買え!』
画像

画像






8位
Re:ゼロから始める異世界生活
・面白い作品ではありますが、くどい所がちょっと苦手です。
・なんとなくひぐらしを想い出しますね

印象に残るシーンは、レムの心の闇があらわになった瞬間
「・・・ああ、やっと折れてくれた」
画像

画像






9位
甲鉄城のカバネリ
・最終回を見ていないのですごく不安ですが、とりあえずこの順位で。
・中盤までは面白かったですけど、美馬さん登場後は、すべて彼がもって行ってしまいました。
・それに伴いカバネが駆逐しようと思えば実現可能なレベルまでの脅威に落ちてしまい、ただの背景になっちゃっいました。

饅頭をほおばる菖蒲様と、それを見て赤面する来栖に爆笑。
画像

画像





10位
少年メイド
・ホームコメディを主体にするいい感じのお話です。
・見てマイナスはありませんが、しかし印象に残るシーンもあまりなく、インパクトが弱いですね。
・そして毎回、余韻を台無しにするあのED(笑)。あのEDに決めた人は、作風を理解していなかったのでしょうね。

キャラクターがかわいいかったですね。
特に花ちゃんは萌え度抜群のキャラでした。
・・・しかしなぜに中の人にあんな大物(矢島晶子さん)を当てたかは謎ですねぇ
画像






11位
聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ
・ワルプレのにおいがする作品です(笑)
・最弱の主人公とは、まさしくヒイロのことを言うのでしょう。
・ナンブーコはなかなか最近では見ない悪役らしい悪役で、いいキャラでした。
・癖になる作品です。

最近、真礼ちゃんが妙に好きになってしまったので(写真集を買おうかどうか迷っています)、エリンのドヤ顔シーンをチョイス。
画像






12位
くまみこ
・こちらも「考える」で詳細は記述したので割愛。

スーパーの売り子のシーンは、めっちゃ笑ってしまいました。ここまでは、強引でもまちのコミュ症を直す荒療治として理解は出来たのですけども・・・。
画像

画像







13位
クロムクロ
・なかなかお話が進まないクロムクロ。
・良くも悪くも普通という所ですね。


由希奈と剣之介が和解したシーン。
『そのかわりあんたは勝手に死なないこと。いい!?』
画像





14位
キズナイーバー
・前半から中盤までは面白かったですけども、終盤は暗くなりすぎましたかなぁ。
・テーマそのものが重すぎたのかもしれません。
・最終回は、由多以外はもう少しカップリングを曖昧にした方が良かったかも。あれじゃ千鳥がちょろすぎで、仁子ちゃんがかわいそうです。


仁子ちゃんがいてくれたからこそ、最後まで視聴することが出来ましたよ・・・。
画像







15位
学戦都市アスタリスク(第2期)
・紗夜と綺凛が主人公なら、上位に食い込んでいたかも(笑)
・まあ、それでも1期よりは良くなっていましたね。

最終話の綺凛ちゃんの強いこと強いこと。こういう仲間の強キャラが主人公達を食っちゃうのかも(幽々の飛影みたいな)
画像






16位
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 THE LAST SONG
・ニコ動では高評価でしたが、自分的には回を追うごとに面白くなくなっていった感想です。
・なんつーか大人になり切れない爾朗(30歳)に、共感をもてなくなったからかもしれません。
・物語もいろいろ中途半端な気がしました。

27歳、大人になった輝子。声のトーンの変化がいいですね。さすが上坂すみれさん。
画像



星☆☆作品

17位

ハンドレッド
・石鹸の良さはありましたがそれだけですねぇ。

もお会長がヒロインでいいじゃないですか(投げやり)
画像




18位
迷家 -マヨイガ-
・これほど続きが気になる面白くない作品はなかったですね(冷淡)
・星一つでもいいくらいですが、ラストのらぶぽんの「処刑です」の柔らかい言い方に敬意を表して、星2つです。
・これをガルパンとかSHIROBAKOの監督が作る物とは到底思えないのですが・・・。
・創作って難しいものですねぇ。

こはるんのラスボス感は良かったのですが、最終回で完全にヘタレましたね・・・。
画像


振り返れば春アニメは豊作だったと思います。
さて豊作の後は不作が続くものなのですが・・・。


2016年冬アニメのまとめ
http://96268943.at.webry.info/201603/article_11.html
2015年秋アニメのまとめ
http://96268943.at.webry.info/201601/article_4.html
2015年夏アニメのまとめ
http://96268943.at.webry.info/201509/article_15.html
2015年春アニメのまとめ
http://96268943.at.webry.info/201506/article_28.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年 春アニメまとめ編 感想ブログ アニ関・漫関・ラノベ関/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる